リコッコ家のホームデコール雑記帖

旅して巡って、ボーホー・ラスティックな家

テーブルランプに毒キノコと苺のリバティ生地を布張りして玉リボン付け

f:id:ricohoney:20181128034854j:plain

 

 

主寝室のベッド脇。私の側のナイトスタンド(ベッドサイドテーブル)に置くランプについて。

 

 

欲しかったのは、球が連なったいわゆるボールチェーンの引っ張り式スイッチのもの。バンカーズランプを思い浮かべてくれるとわかりやすいかと思う。

材質を本物の銀か白錫(ピューター)とするのは予算外なので、ステンレスかクロームで。壁を塗料色名カリビアン・ティールにDIY塗装してあるので、そこに馴染む質感と形状で。シェードは縦横がほぼ同じ長さのドラム形を希望。

 

f:id:ricohoney:20181128034919j:plain

 

さて、そのドラム形シェード。自分仕様にしたくて布の張り替えをする。近所にリバティ生地の実物を見て触れて買える店が無いので、ネット通販で手に入れた。

そこはかとなく古臭さが漂う色味。昔っぽいレトロ感満載。描かれている毒キノコと苺が好きで好きで堪らない。ずっとずっと見ていたい、見ていられる。子供の頃からリバティ生地への心酔は深い。

そして生地に使われているピンク系の色よりも薄いピンクの玉リボンを選ぶ。それを巻きつけ貼った。これで満足できるランプシェードが出来上がった。

 

f:id:ricohoney:20181128034945j:plain

 

点灯。朝方、まだ日が差してくる前に主寝室の天井から室内灯を点したうえでの見え方。(他の時間帯やテーブルランプだけを灯してみた様子はまたの機会に。)

 

f:id:ricohoney:20181128035012j:plain