リコッコ家のホームデコール雑記帖

旅して巡って、ボーホー・ラスティックな家

花瓶を2色塗りしてDIY塗装した壁前のドレッサーの上に置く

f:id:ricohoney:20181014100336j:plain

 

 

主寝室のドレッサーの位置を移動させたら、背景の壁色が変わった。トープ(白寄りの薄灰~薄茶の中間色)からカポナータ(赤紫~濃茶)へと。そのようにDIY塗装してあるから。

 

その様子は、↓ 最近の記事『家具の配置換えをしたりランプにシェードを取り付けたり』と1カ月ほど前の記事で。

 

ricodecor.hatenablog.com

  

 

ricodecor.hatenablog.com

  

ricodecor.hatenablog.com

 

 

すると、ドレッサーの上に花瓶を置きたくなった。10日間ほど探してみたが、思い描くものが見つからない。あの店にならあるだろうと向かった先には確かに欲しいものがあったけれど、驚愕の高価さだ。望んでいた赤銅製。しかし、それを置くドレッサー + DIY材料費を遥かに超えた価格だ。

となると、いつもの成り行きで。予算内で花瓶を買って来て、それを自分で塗ればいいという結論になる。

 

↑ 写真。花瓶を2色で塗り分けようと、鉛筆で線引きする。目を付けた位置にさっと一筆書きの要領で。

 

線から下をまず塗ろう。フォークアートのメタリックアクリル絵の具のアンティーク・コッパーで。きっちりと線を描いてはいないが、それは後で調整するから良しとする。

 

f:id:ricohoney:20181014100359j:plain

 

線から上は、同じくフォークアートのメタリックアクリル絵の具でローズ・シマー。主寝室に収まりが良さそうだと、塗り終えて満足する。

 

f:id:ricohoney:20181014100415j:plain

 

ドレッサーのすぐ上に、サンバーストミラーを取り付けた。鏡ではあるけれど、ドレッサーのすぐ上(床から120cmほど)という低い所に取り付けたので、顔を見るにはだいぶ屈まなくてはならなくて実用性がそれほどない。

それでもカリビアン・ティールに塗ってある対面壁が映り込むので、この鏡がここにあることでそれがとても良い効果を生んでいる。

 

f:id:ricohoney:20181014100429j:plain