リコッコ家のホームデコール雑記帖

旅して巡って、ボーホー・ラスティックな家

ステンドグラスはまたの機会にお預けでチープにナイトライト

f:id:ricohoney:20180924041804j:plain

 

 

2階の廊下に、コンセントに直接差し込むナイトライト(足元灯)が欲しいと思ってずいぶんと日数が経った。新居に移ってきてからだから、もう7カ月以上か。

ステンドグラスを嵌めたのが望みだが、その高額な市場価格と好みとがどうも折り合いがつかない。そこまでの金額を用意するならば仮にそれを超えたとしても、閑散期になったらと知人のガラス職人に少し無理を言ってでも思い通りのを頼もうとしていたが、なかなか暇にならないようだ。残念だが非常に結構なことだ。

 

 

どうするか。ちょっと前から外気温がかなり下がってきていて、室内に居る時間が長くなってきた。となると捗る。決断が進む。チープまっしぐらでもいいや、今の状況で気に入った物を用意できれば良しとしよう。

最近こんな流ればかりだけれど、おそらくこの流れ、チープに気に入った物を自分で作り飾る空間、それこそが我が家っぽい装飾なのかもしれない。

 

↑ 写真、ナイトライトを買ってきた。まずは2つ。360度、どの方向へも回して固定することができる。上に向けてふわっと広がるようにでも、下へ向けてすぐ斜め下の床面に絞って一点でも。

 

光が放たれる面は細かい模様が入った透明だ。これをそのままコンセントに差し込むでは困る。なにしろ我が家はシンプルが似合わない(なんだか落ち着かない)のだから。

ランプシェードの張り替えをしようと思って買って来てある布がある。パキスタン製。それをだね、貼り付けようではないか。

その面の大きさ通りに布を丸く切って、布用の接着剤で貼り付ける。接着剤は乾いたらほとんど透明になるとはいえ、ここはできるだけ薄塗りするのが重要だ。遮断するほどではないにしろ、布貼りしたことで灯りが薄暗くなっては用をなさないもんね。

 

f:id:ricohoney:20180924041827j:plain

 

 

 

これをコンセントに差し込む2階の廊下については、これらの記事で。 ↓

 

ricodecor.hatenablog.com

  

ricodecor.hatenablog.com

 

 

差し込む。

 

f:id:ricohoney:20180924041842j:plain

 

夜間、または周りからの明かりを遮るようにすると、自動でこのように点灯する。日が差してきたら消える。そうだな、ステンドグラスを嵌めたナイトライトを無理に折り合い付けて入手せずとも、暫くはこれで納得満足していられそうだ。

 

f:id:ricohoney:20180924041903j:plain