リコッコ家のホームデコール雑記帖

旅して巡って、ボーホー・ラスティックな家

自分仕様仕上げドレッサーの周りデコールは丸がいっぱい四角がちょっと

f:id:ricohoney:20180912051759j:plain

 

 

自分仕様仕上げドレッサーの周りに、好きな物いろいろ。主寝室とそのバスルームあちらこちらその辺にぽつぽつと散らばっていた物だが、やっと納得がいく置き場所を得た。

 

自分仕様仕上げのドレッサーとは、そのようにモールディング~塗装~ノブ付けをDIYしたもので、それについては前記事『イケアのドレッサーをモールディング~塗装~ノブ付けで望みに近づける』でどうぞ。 ↓

 

ricodecor.hatenablog.com

 

  

鏡、ランプシェイド、盆、皿。どれも丸。丸、丸、丸、丸。そして、引き出しのモールディング、アカンサス模様の中にも丸。それから、陶製ノブも。ここは丸をぐっと意識して主張したく集めた空間。

ドレッサー周りではなく対面壁の話になるが、鏡の中に映り写り込んでいるバスルームへの引き戸に付けたノブも、丸だ。

 

f:id:ricohoney:20180912052953j:plain

 

ドレッサーの左半分側が丸ならば、右半分側はその繋がりからまずは丸がひとつ、そして長方形と幾何学に鉛色の鹿。これはどれもジュエリーを外したら、ちゃんと仕舞う前にひとまず置くためのもの。

鉛色の鹿は、角や尻尾に指輪を掛けておく用途として作られている。実用性のある置物が好き。

ロッコのタイル柄の陶器は、バスルーム用品専門店で歯磨きコップとして売られていたものだけど、私は歯磨きコップを使わないからその用途では不要なのでここに。革製チョーカーなどを外した際の一時置きにでも。

 

f:id:ricohoney:20180912053024j:plain

 

主寝室デコール、着々と進行中。あぁ嬉し。

 

f:id:ricohoney:20180912053044j:plain