リコッコ家のホームデコール雑記帖

旅して巡って、ボーホー・ラスティックな家

主寝室への扉は紺ハッピーキャンパーに銀モールディングとドアノッカー

f:id:ricohoney:20180904024546j:plain

 

 

主寝室への扉。扉上の壁をDIY塗装してからずいぶんと日が経った。その内容の記事は3月30日付だもの。

 

それから数か月経って、紺色の金属でできた「ハッピー・キャンパー」サインを取り付けた。ハッピーキャンパーとは、快適さや気分が乗っている人を意味する。そんなサインを主寝室への扉上へ取り付けたりしてね、チージーなチープさを加味なのさ。ここにもあえての野暮を持ってくる。

そして扉周りはすでにぐるっと囲むように厚みと幅のある白いモールディングを施してある。その上に古っぽさが匂い立つ細いモールディングを付けたい。これはスターリングシルバーという色名の塗料で塗った。

既にDIY塗装してある壁の色は、ダーク・ピューター(緑寄りな濃灰)。ハッピーキャンパーのサインが紺色。細い流線モールディングがビーチ(ブナ)材でスターリングシルバー(銀)色。好みの色組み合わせだ。

 

f:id:ricohoney:20180904024619j:plain

 

 

2階廊下を進んだ先の主寝室の扉、そしてその周りはどんなふう?は、↓ この記事へ。扉の写真、DIY塗装した廊下壁と扉上壁について詳しく書いてある。

 

ricodecor.hatenablog.com

 

 

そして扉にドアノッカーを買って来て取り付けた。色はサテンニッケル。冒頭の写真のように、2つの部品からできていて、付属の釘で取り付ければいい。

 

f:id:ricohoney:20180904032059j:plain

 

厳しい気候などの地域性からして扉の性能を少しでも落とさないよう、穴を開けて玄関扉に取り付けるのは素人仕事ではやらないでおくに限るが、室内の扉ならいいだろう。電動ドリルでぐいっといく。

  

f:id:ricohoney:20180904032120j:plain

 

ドアノッカーは10代の思い出。初めて独りでホテルに泊まった時、そのホテル各室の部屋扉にはドアノッカーが取り付けてあるのを見た。どこかの部屋がノックされている音を自分の室内から微かに聞こえて。

そんな記憶がたった独りで過ごした時間の心の揺れ動きとともに今も鮮明に残っている。自分なりの装飾の軸を築く貴重な思い出。それを今の暮らしに余興で取り入れたいのだ。

 

f:id:ricohoney:20180904032024j:plain