リコッコ家のホームデコール雑記帖

旅して巡って、ボーホー・ラスティックな家

トラベル・サーフ・クック、庭に野外用ランタン

f:id:ricohoney:20180706020910j:plain

 

 

トラベル・サーフ・クック。そんな日々を過ごしていたこともあったなあ、とそんな記憶を持て余しながらそんな本を眺めて過ごす午後。傍らには、ビール。

気がつく度に拭いても拭いても、ガラス製テーブルの拭き筋跡に沿って塵埃が溜まっているのをまた目にする。こんなに乾いている地に暮らす今に、本と自分の記憶が交錯する地で覚えた湿気が身体の周りに蘇るようにふと遷ろう。

 

f:id:ricohoney:20180706020850j:plain

 

そうしているのは、ドーナッツ型に入れた生地がオーブンで焼けるのを待っている時のこと。

豆粉にグリーンピースの塩味スナックができたよ!、これを持って外に出るよ。食べたい人は庭においで。

 

f:id:ricohoney:20180706021015j:plain

 

まだ陽射しが強い。ランタンの蝋燭を灯すには早いよな。

 

f:id:ricohoney:20180706021059j:plain

 

イケアの室内・野外両用のランタン。最近買った物。これとおそらく同じ型だろう白色のを、熱帯暮らしで使っていた。国際的に超有名リゾート地でもビーチから2kmほど奥まった住宅地にあった我が家では、頻繁に停電が起きていた。

なので、日が暮れるとこのランタンの蝋燭を灯し、常に朝まで浴室・トイレに置いていたのだ。蝋燭はこれより大きい8時間用のを。それを毎日ひとつずつ消費していた。

そんな思い出も付加されているランタン。現在ネットで見たら、日本のイケアでは399円で売られている。野外で使ったことがないから、この粉体塗装が当地でどれくらい耐え得るのか使いながら見ていく。星模様は切り抜きなので、雨が降ってきたら使用不可。それでもこれほど安価なものに野外である程度の耐久性を見出せれば驚きだ。

 

f:id:ricohoney:20180706021119j:plain

 

日が暮れて。向こう奥ガレージ前のDIYで造ったパティオ。そこのテーブルにもと、ランタンをもうひとつ。

 

f:id:ricohoney:20180706021703j:plain

 

 

豆粉にグリーンピースの塩味スナックの詳しい作り方と材料は、パン焼きと料理のブログ『ダプールパーネ台所ノート』の記事へどうぞ。 ↓

 

ricohoney.hatenablog.com