リコッコ家のホームデコール雑記帖

旅して巡って、ボーホー・ラスティックな家

前庭は他者へ向けて視覚的に緑の安らぎを提供し合う空間

f:id:ricohoney:20180430033841j:plain

 

 

石かコンクリートで予定している裏庭のパティオ造りを始める前に、野菜や果樹や花を育てる場所を確保するための作業は一段落した。

その模様はこれらの記事で。 ↓

 

ricodecor.hatenablog.com

 

ricodecor.hatenablog.com

  

ricodecor.hatenablog.com

 

 

裏庭の第一段階がひと段落付いたところでそれではと、いよいよ前庭に取り掛かる。当地における前庭について言うと、公道から2~3mの幅でまず緑地が確保されていて、そこから1~2m幅が歩道(サイドウォーク)になっている。

やっとそこからが個人所有の敷地となるのだが、そこも条例によって芝を生やしての緑地確保が必要となる。塀の高さ制限もあるし、公道から前庭が見えないような造りにしてはいけない。よって、公道に向けた塀や門扉を付けたい場合には、外から中そして中から外が窺い知れるだけの見える間隔を持たせた金属製ゲートもしくは腰高より低い樹木を垣根のように仕立てたものなら可能となる。

実情としては、家の前に塀を造っている家はほとんど見かけない。せいぜいたまに見るのが、低い樹木による垣根仕立てのもの。個人所有の敷地であっても、前庭はそこを通る他者に向けて視界的に緑の安らぎを提供するための空間。そういう姿勢で共有し合う。そんなふうに成り立っている。

そんなわけで、芝を生やしてその濃い緑色の艶を絶やさずというのが基本というより鉄則。隣家との境界線的な意味合いで塀を造る(↓ これは隣家によって以前に造られていた塀)ならば、個人の所有である敷地であるのにも拘らず、最低限1m以上は歩道から引っ込んでからという規則もある。

というわけで、公道から歩道そして個人所有の敷地の始まりまでは3~5mあり、そこから前庭が始まるが、前庭を奥行き8mくらい設けている家が一般的なので、公道から家の始まりまでが計11~13mあることになる。

 

 

ランドスケープ・エッジを仮留めして、だいたいこんな感じでいいなというのを決めたら、それに沿って芝を剥がしていく。長さは5m弱になった。

 

f:id:ricohoney:20180430033908j:plain

 

↓ 写真は、家の前のテラスから歩道(サイドウォーク)へ向かって撮った。左にある木製の塀が、隣家がすでに建てていた塀。このように、塀の先には芝生が1m以上確保されている。

まずはパスライトを3つ設置する。植えた植物は、黄色い大輪の花が咲くだろう薔薇のニューデイを1苗、アジュガペチュニアがピンクと紫の2種類で10苗、フクシア(フーシャ)が3苗、ジュニパーが2苗。

それから、アマランス(アマランサス)の種、グランパオッツという濃紫の朝顔の種もだ。

その朝顔は、金属に巻き付けようという算段で。オベリスク古代エジプトやローマでの石碑から由来)を買いに出かけたら、あんまり欲しくならない質とデザインのがいくつも並んでいたが300~500ドルの価格で売られていて、途端に買い気も萎んだ。

ものすごく安価なトレリスをいくつか選んでオベリスクっぽく組み仕立てる手段もあるが、それにはもうちょっと値が張っても頑丈なのが欲しいと思った。

ちょうどいいのを見つけた。金属製でトレリスとしてもゲート周りのフェンスとしても使えるのを。それを5枚買って、三角形を合わせたようにして、菱形に作ってみた。

菱形にすると、家の中から、テラスから、歩道から、見る角度によって見える形が異なってより楽しめるだろうと。それなりな価格のオベリスクを買うよりも安く済んで、面白みもありそうな結果になった。

ぱっと見、ずいぶんとつまらない風景での始まりだが、これでいいのだ。日に日にそれを覆す展開を期待している。

 

f:id:ricohoney:20180430033939j:plain