リコッコ家のホームデコール雑記帖

旅して巡って、ボーホー・ラスティックな家

ブルーとゴールドで鏡2面の間の壁を塗るなり

f:id:ricohoney:20180313133926j:plain

 

 

昨日やっとやっとやっと壁塗り用の塗料を買えたのだから、喜び勇んで壁塗りを始めたのかと言えば、そうであるようなそうでもないような。

早朝から留守にしている彼が、出掛ける際に言った。なるべく早く帰ってくるから勝手に塗り始めないでくれ、と。そうは言ってもさ、なるべく早くってのが今日を指すわけではないんだよね、いつになるかわからないんだよね。そんな状況で待っていては塗りたい欲望がはち切れて、発露させないとどうなるかってもんよ。

 

それならと、近所の画材店までアクリル絵の具を買いに行った。昨日買ってきた塗料の缶を開封して大きな壁を塗るのは待ってやるが、2階主寝室バスルームの壁にアクリル絵の具でちょいと楽しませてもらうよ。

まずはゴールドを垂らしてみる。組み合わせにどちらが良いか見比べてからと青を2色買ってきた。左が、コペンハーゲン・ブルー。右が、ピーコック・ブルー。どっちの組み合わせにするかな。

コペンハーゲン・ブルーのほうが今の気分だが、探し求めてたモロッコっぽいランタンを、昨日塗料を買った帰りに寄ったスーパーマーケットで思いがけず廉価で見つけて、それを置くとすれば、ピーコック・ブルーにしたほうが引き立ちそうだ。

 

f:id:ricohoney:20180313133944j:plain

 

 

2階主寝室バスルーム装飾はすでに少し着手している。それは記事『2階主寝室バスルーム装飾に着手し始めた』で。 ↓

 

ricodecor.hatenablog.com

 

 

2面の鏡の間に掛けたインドの木彫りをまずは一旦取り外す。そうしてその壁を塗ろうではないか。塗る面の周りをテープ貼りする。

 

f:id:ricohoney:20180313134007j:plain

 

徐にピーコック・ブルーを塗り始める。

 

f:id:ricohoney:20180313134023j:plain

 

どどぉーっと勢いよく塗って。一度目の塗り完了。このまま1時間乾燥させる。

 

f:id:ricohoney:20180313134041j:plain

 

どどぉーっと塗って。2度目の塗り完了。再び1時間乾燥させる。

 

f:id:ricohoney:20180313134211j:plain

 

手持ちのステンシルの中からモロッコふうに仕上がりそうなのを選んで、左下に載せ、ゴールドを塗って行く。

そのステンシルを右横に移動 → 斜め左上に → 右横に → さらに左の上に → その右横に、という手順でステンシルを移動させながら塗り進める。

と作業は専ら簡単なのだが、移動させながら塗り進める中でステンシルが重なる部分があるゆえ、1か所塗ったら次へ移る前に最低でも30分は待つという展開。けっこう時間を要する。

 

f:id:ricohoney:20180313134227j:plain

 

と言うよりさ、久しぶりにステンシルを使って扱い切れてない模様。かなりぐちゃっと塗り潰れてる箇所が見て取れる。だが、大丈夫なのだ。最終的に修正(細かく手直し)すれば宜しかろうよ。

この後は、明日の記事へと続く。