リコッコ家のホームデコール雑記帖

旅して巡って、ボーホー・ラスティックな家

目を養い中に好い刺激を貰って喜ぶ朝のこと

f:id:ricohoney:20180305032521j:plain


  

1階トイレに入ってぱっと上を向いた瞬間に、吊り下げライトを点灯せずに撮った写真。綺麗に撮ろうとか見映えを意識していないから、ある意味いきなりのそのまんま素の上部・天井状態がこれなんだろう。実物はもうちょっと存在感が冴えているという気がしないでもないが。

昨日は1階トイレ装飾に関して記事『1階のトイレ装飾案はアフリカの面(マスク)から始まった』にしたが、それに対して特に感慨深く高揚するブクマをもらってその感動からの勢いでこれを書いている。 ↓ 

 

ricodecor.hatenablog.com

 

 

 URURUNDOさぁ~ん!のブクマコメント。 ↓ ↓ ↓

 

テレビの横の細長い花瓶と、トイレの葉っぱが入っている花瓶は作者が同じなのかな?。

URURUNDOURURUNDO

 

 

それで、そのテレビ横の細長い花瓶とは、この記事『花瓶を買って溜飲を下げる』で写真左にある一番大きいの(↓ のキャッチ写真になっている花瓶ではない)。 ↓

 

ricodecor.hatenablog.com

 

それでその答えは、URURUNDOさん、そうなのよ、その見立ての通りご名答。だけどここでご名答なんて言われたら心外かもしれないな、物作りをしている人の眼には当たり前に見えている事象なんだろうから。(ご本人から直に聞いたことないので勝手に記すのは恐縮ですが、URURUNDOさんは物作りに長年携わっている方)

 

そんなこんなを想いながら、吊り下げライトにもうちょっと近づいてひとつを撮ってみると。

 

f:id:ricohoney:20180305035505j:plain

 

水飲みコップ(タンブラーと言えって?)をひっくり返して吊るしたみたいなの。普通のガラスと磨りガラスとステンレスと。で、台所の天井からも仕様は少し違うけどこれと同じライトを吊るしている。どっちも水場だからね、それを連想するコップでいいのさ。

 

そして話は戻る。物作りに長年携わる人の『眼』について。わかるんだよね、わざわざひとつひとつの物に説明を付けなくても。これとこれは同じ作者の手によるものだなとか。

それだからというのもあって、私はどうやらそういうブログ読者からの思いもよらない刺激を受けたいのもあって、ここで語っている撮っている物についての詳しい説明を避けている。

たとえば言わずと知れたメーカーのブランドのだとか、有名な作者によるものなのだとか、わりと高額品なのよだとか、その類の見せ合い褒め合いは望むところではない。市場の背景や情報を持ち出してくることなく、雑記帖と銘打った気軽なブログで書き手の私と読み手の皆さんとの感性のやり取りをしてみたいのだ。

それが適った(叶った)一例なのよ、URURUNDOさんからのブクマコメントは。これまでも皆さんの自由で鋭い感性に触れさせてもらってきたけれど、また違った側面の嬉しい露出だよ。

 

 

革(靴・鞄・家具など)とか、木材(家具)とか、植物加工(家具・小物雑貨など)とか、この話の流れで私の得意分野に移り進もうかと思っていたのだけど、なんだか長くなったな。そのうちのまたいつかにするわ。