リコッコ家のホームデコール雑記帖

旅して巡って、ボーホー・ラスティックな家

地下階の寝室Cの一壁は熱帯雨林の枝葉の色合いに塗装する

f:id:ricohoney:20181110024558j:plain

 

 

地下階の寝室C。子供のひとりが使っている。もう何か月も前にその部屋の一壁を塗料色名マジェスティック・バイオレットでDIY塗装。そうして塗り終えていたのだけど、そこから先、他の壁面へ進むのに時間が掛かってしまった。それは偏に私が塗料を買いに専門店へ出向くのを面倒臭がっていたからだけど。

↑ 写真は、その壁に取り付けてある鏡にこれから塗る壁を映して見ているの図。

 

 

まずは一壁をマジェスティック・バイオレットに塗った模様は、この記事で。 ↓

 

ricodecor.hatenablog.com

 

 

塗る面の周りをテープ貼りする。塗料名レインフォレスト・フォリエージ(熱帯雨林に茂る枝葉)で塗っていく。

塗料の色の選択に関しては、私は一切口出ししない。この空間を使う子供の望みが適う色で良し。

 

f:id:ricohoney:20181110024620j:plain

 

1度目の塗りを終えて、その壁を見る。見る。見る。1度塗りでできる色ムラは2度目の塗りで修正可能。それはともかくこの明るい緑が、果たして熱帯雨林に茂る枝葉のように濃密な深さで活き生きとしてくるのかね。などと私はやや子供の選択を信じきれないところがあった。子供本人はこの時点でも迷いなく自信を持って塗り進めていた。

 

f:id:ricohoney:20181110024646j:plain

 

十分に半日ほど乾燥させてから、2度目の塗りを実行。するとどうだ、マジェスティック・バイオレット壁の鏡に映るレインフォレスト・フォリエージ壁は。別の壁面に取り付けてある黒い金属ロッドにグレーの刺繍レースカーテンと相俟って、これは良しだなとの感想を口々に言い合う。私の疑問は外れでよかった。

子供はここに自分で描いたキャンバス地の絵をいくつも次々と飾っていくつもりのようだから、寝室ではあるけれどギャラリーとしての構想もあったみたい。時間が経てばまた変化を望むのだろうけど、当面は満足ならこれでこの部屋の塗装は完了とする。

 

f:id:ricohoney:20181110024722j:plain

 

寝室Cの一壁は、熱帯雨林に茂る枝葉。

 

f:id:ricohoney:20181110024739j:plain

 

 

ボーホーなグラニー(おばあちゃん)ブランケットを居間ソファに

f:id:ricohoney:20181101015432j:plain

 

 

前記事『主寝室のベッド脇、カーペット床にもドイリーラグで花』コメント欄でのやり取りから、そうだ、グラニー(おばあちゃん)風ブランケットを編もうとしていたと思い出す。

モチーフをいくつも作ってそれを繋ぐ。編物が上手くはない私にもできる技巧は要らない作業だが、久しぶりでやや面倒だなと逡巡するままに時が過ぎていた。が、コメント欄でそれについて話すとやる気が膨らんでしまうものだ。

 

ricodecor.hatenablog.com

 

 

↑ 写真、2つのパターンで各10枚のモチーフ。計20枚。使用した毛糸は、青~緑系が4色で、茶系が2色。計6色。

居間のソファでメジャーリーグ野球のワールドシリーズをテレビで観ながら、すたすたこくこくと編む。状況としては、どこかのグラニー(おばあちゃん)がボーホー(ボヘミアン・ソーホー)なブランケットをでまさに宜しい!と想像してひとり悦に入りながら。

 

そしてこんなふうに繋ぎ合わせていく。そんな夜を幾日か過ごして。

 

f:id:ricohoney:20181101015505j:plain

 

できた。疲れたー。居間ソファに放り出して、さっさと寝る。翌朝、充足感いっぱいにあらためて作りたてのグラニーブランケットを眺める。約78 × 65cm。

このソファは注文品が届くまでということで、家具店からの借り物だ。私物ではない。が、それでもそれなりに収まりが良い。DIY塗装してある背後の壁色スウィートバターとも合う。

 

 

ricodecor.hatenablog.com

  

ricodecor.hatenablog.com

 

 

f:id:ricohoney:20181101015529j:plain

 

これでまたひとつボーホー・ラスティックさを加味。

 

f:id:ricohoney:20181101015557j:plain

 

 

主寝室のベッド脇、カーペット床にもドイリーラグで花

f:id:ricohoney:20181025122314j:plain

 

 

真夜中。床にドイリーラグ。でぇーきたっ、と毛糸の端の始末をして居間の床に放り出したところ。じっとよく見てしまうと編み方の拙い箇所もあるけれど、主寝室ベッドの私側の床に敷くのだから、その点については見逃そう。

 

 

主寝室の装飾は遅ればせながらも着々と進行中。たとえばここ1か月間で言えば、その変化はこんなふう。 ↓

 

ricodecor.hatenablog.com

 

ricodecor.hatenablog.com

 

ricodecor.hatenablog.com

 

 

そこに追加したいものがある。夕食後に雑用の片付けを済ませてからはたと思い立って編み物を始めると、途中で止めてこの先はまた時間がある時になどと切り上げることがなかなかできない性分で。刻々と時は過ぎて、真夜中になっても編み仕上げたい気を収められない。

焦って急ぐと編み間違える。ゆっくりでも確実にと思いつつも、また焦って急いで編み間違えては悔しがりながら毛糸を解いて。そんなことを真っ暗な中に手元のランプの灯りの下で繰り返して、編み終えた時の気分は爽快だ。

 

編んだのはドイリーラグ。ナイトスタンド(ベッド脇テーブル)の上に置くランプのシェイド、それは自分で好みの布を貼り替えたが、その色と雰囲気に合わせてのドイリーだ。このランプについてはまだ記事にしていない。

編み物、それもドイリーだなんて、今どきロマンチックどころか野暮でカッコ悪いぃってな枠かもしれないが、私はいつだってレース技法の花柄ドイリーが好き。

 

f:id:ricohoney:20181025122336j:plain

 

満足しきって消灯するか。直径50cmほどのドイリーラグを抱えて2階の主寝室に向かう。扉を開けて、カーペット床に敷いてみる。

カーペット床の色とドイリーラグの相性良し。これで床にも花。

 

f:id:ricohoney:20181025122359j:plain